ジョージ・オーウェル
George Orwell
(1903-1950)
1903年インドに生まれる。翌年、家族と帰国、イギリスで育つ。21年イートン校卒業後、27年までインド警察の警察官としてビルマで勤務。

33年からルポルタージュ「パリ・ロンドン放浪記」、小説「ビルマの日々」「葉蘭をそよがせよ」「牧師の娘」などを発表。36年スペイン戦争に義勇兵として参加。38年「カタロニア讃歌」発表。

第二次大戦中、BBC放送で働く。また「トリビューン」誌の文芸部編集主任を勤める。45年、小説「動物農場」を出版、世界的ベストセラーとなる。46年、スコットランドのジュラ島に移り住み「1984年」を書く。50年、肺結核のため死去。本名エリック・ブレア。
書名 一杯のおいしい紅茶
その他の作品リスト
(2017.10現在)
下記の書籍に関してはお近くの書店等でお問い合わせ下さい。
(絶版・品切れ等の場合もございますのでご了承下さい。)
ジョージ・オーウェル書簡集 ピーター・デイヴィソン/編,高儀進/訳 (白水社)
ジョージ・オーウェル日記 ピーター・デイヴィソン/編,高儀進/訳 (白水社)
葉蘭を窓辺に飾れ 大石健太郎/訳 (彩流社)
カタロニア讃歌 鈴木隆/訳 (現代思潮新社)
動物農場 (講談社インターナショナル)
ミャンマーという国への旅 エマ・ラーキン/著 (晶文社)
パリ・ロンドンどん底生活 小林歳雄/訳 (朝日新聞社)
ウィガン波止場への道 土屋宏之/訳 (ありえす書房)
パリ・ロンドン放浪記 小野寺健/訳 (岩波書店)
オーウェル評論集 小野寺健編/訳 (岩波書店)
カタロニア賛歌(岩波文庫) 都築忠七/訳 (岩波書店)
牧師の娘 三沢佳子/訳 (御茶の水書房)
動物農場(角川文庫) 高畠文夫/訳 (角川書店)
ビルマの日々 大石健太郎/訳 (彩流社)
空気をもとめて 大石健太郎/訳 (彩流社)
ビルマの日々 大石健太郎/訳 (彩流社)
気の向くままに 同時代批評1943−1947 小野協一監/訳 (彩流社)
戦争とラジオ W・J・ウエスト編,甲斐弦(ほか)/訳 (晶文社)
オーウェル・小説コレクション1 パリ・ロンドンどん底生活 小林歳雄/訳 (晶文社)
オーウェル・小説コレクション5 空気をもとめて 小林歳雄/訳 (晶文社)
オーウェル・小説コレクション4 葉蘭もそよがせよ 高山誠太/訳 (晶文社)
オーウェル・小説コレクション3 牧師の娘 三沢佳子/訳 (晶文社)
オーウェル・小説コレクション2 ビルマの日々 宮本靖介,土井一宏/訳 (晶文社)
ウィガン波止場への道 土屋宏之,上野勇/訳 (筑摩書房)
1984年(ハヤカワ文庫) 新庄哲夫/訳 (早川書房)
1984 吉田健一,竜口直太郎/共訳 (文芸春秋新社)
オーウェル著作集2 鮎沢乗光(ほか)/訳 (平凡社)
オーウェル著作集3 鮎沢乗光(ほか)/訳 (平凡社)
オーウェル著作集4 鮎沢乗光(ほか)/訳 (平凡社)
オーウェル著作集1 石山幸甚(ほか)/訳 (平凡社)
鯨の腹のなかで 川端康雄編,小野寺健(ほか)/訳 (平凡社)
ライオンと一角獣 川端康雄編,小野寺協一(ほか)/訳 (平凡社)
象を撃つ 川端康雄編,井上摩耶子(ほか)/訳 (平凡社)
水晶の精神 川端康雄編,岡崎康一(ほか)/訳 (平凡社)
右であれ左であれ、わが祖国 鶴見俊輔/編 (平凡社)
政治と文学 新装版 小野協一/訳 (南雲堂)
どん亀人生 小林歳雄/訳 (流動)
カタロニア讃歌 橋口稔/訳 (筑摩書房)
ウィガン波止場への道 土屋宏之/訳,上野勇/訳 (筑摩書房)
象を撃つ 川端康雄/訳 (平凡社)
カタロニア賛歌 都築忠七/訳 (岩波書店)
思い出のオーウェル オードリィ・コパード/編,バーナード・クリック
(晶文社)
カタロニア讃歌 新庄哲夫/訳 (早川書房)
ビルマの日日 宮本靖介訳,土井一宏/訳 (音羽書房)