ハリエット・ヴァン・レーク
Harriet van Reek
1957年、有名な漫画家ヤン・ヴァン・レークの長女として、オランダのライデンに生まれる。1987年に出したデビュー作『レナレナ』(リブロポート刊、絶版)で、「金の石筆賞」を受賞。ユニークな絵本として日本でも話題をさらい、「レナレナしたことありますか?」と絵本の専門雑誌『Pee Boo』で表された。その後もハリエットは数年に一度、絵本作りを続け、『ボッケ』で2002年に銀の絵筆賞を受賞。いっぽうで1991年には女性二人による劇団「バンケッチェ」を結成し、さまざまなアート活動を続けている。現在はロッテルダムに2人の息子と暮らす。
書名 ボッケ
その他の作品リスト
(2017.10現在)
下記の書籍に関してはお近くの書店等でお問い合わせ下さい。
(絶版・品切れ等の場合もございますのでご了承下さい。)
 
レナレナ (リブロポート)